やる気になれると評判!スクールIEの秘密に迫る

ウーマン

MENU

大学受験に合格するには

先生と生徒

難易度の高い大学の入学試験に合格するには独学では非常に難しく、塾に通ったり家庭教師の指導を受けることが必要です。家庭教師の特徴として、家庭教師は現役の大学生が多く、難関校に合格した学生から直接指導が受けられる点が大きなメリットになります。現役の大学生の家庭教師は年齢が近いので、友達のような感覚で気軽に会話をすることができます。受験の悩み事の相談にも乗ってくれますので、メンタルケアにもつながります。学習塾は学校が終わってから通学することが必要になりますが、家庭教師は先生が自宅に来てくれるので、通学の必要がないことも大きなメリットです。家庭教師は先生とマンツーマンで勉強することができるので、わからない事があればすぐに質問をして疑問点を解消できます。

大学受験対策の方法には、学習塾に通って勉強をしたり、家庭教師に勉強を教えてもらう方法などがあります。学習塾は大きく分けて集団塾と個別指導塾があり、集団塾と個別指導塾では指導方針などに違いがあります。集団塾は一人の先生が大勢の生徒を相手に講義をすることが特徴です。集団塾には同学年の生徒が多数集まりますので、学校と同じような雰囲気で授業を受けられます。他の学校の友人がたくさんできるので、仲間と一緒に楽しく勉強することができます。個別指導塾は少人数制の学習塾で、一人の先生が数人の生徒に対して授業を行います。家庭教師に近い雰囲気で勉強することができ、先生と生徒の距離が近いことが特徴です。授業料は家庭教師よりも安い場合が多いです。